授業科目名

教育相談論

受講対象 授業形態 開講期 単位

保育2 講義 半期 1

代表教員 共同担当教員

西村 薫 単独

学修成果の到達目標

知識・技能

主体性・意欲

就業力・協働

到達目標

@こどもの理解の意義、理論と方法を理解する。

A保育・教育相談の目的と内容を理解する。

Bカウンセリングの基礎知識や技法を理解する。

C保育・教育相談の理論と方法を理解する。

授業の概要

「栄養教諭二種免許状のための必須科目」「教職に関する科目」「生徒指導及び教育相談に関する科目」「教育相

談(カウンセリングに関する基礎的な知識を含む。)の理論及び方法」

 テキストや配布資料を中心に講義を行い、ロールプレイや事例検討,熟議を用いて,実際の保育・教育現場を想定

した基礎的な知識と関わりを身につける。

授業内容

1.教育相談の意義と機能

2.こどもや保護者を理解する意義と方法

3.カウンセリングの理論と求められる基礎態度

4.カウンセリングにおける非言語的技法の基礎

5.カウンセリングにおける言語的技法の基礎

6.発達上の問題の理解と教育相談の展開(不登校,いじめ,非行,ひきこもり事例の検討)

7.児童虐待の理解と教育相談の展開(不登校,いじめ,非行,ひきこもり事例の検討)

8.災害時の心の反応と心のケア

授業時間外の学習

指定した資料の次回講義分を事前に熟読し,気づきや疑問点を整理する

授業内容を振り返り,ノートに自身の気づきや授業の要約も加筆し,整理する

オフィスアワー

時間外の質疑等は授業前後の教室を中心に、来訪(第一会議室:水曜午後)、メールにて受け付ける

評価方法・基準

各授業への参加意欲や態度(15%)、学習の到達度(85%)などを参考にして総合評価する。

S:到達内容を十分理解し、基礎的な関りを身につけている

A:到達内容を十分理解し、基礎的な関りを概ね身につけている

B:到達内容を理解でき、基礎的な関りを身に付けようと努めている

C:到達内容を概ね理解でき、基礎的な関りを理解しようと努めている

テキスト

発達と老いの心理学 サイエンス社

参考資料

小学校学習指導要領 文部科学省

中学校学習指導要領 文部科学省

教育臨床の実際―学校で行う心と発達へのトータルサポート― ナカニシヤ

備考