授業科目名

公衆栄養学

受講対象 授業形態 開講期 単位

食栄2 講義 半期 2

代表教員 共同担当教員

望月 美左子

学修成果の到達目標

知識・技能

主体性・意欲

就業力・協働

到達目標

@個人または集団の健康を維持・増進するために必要な健康・栄養活動を知る。

A健康・栄養活動を企画・実施・評価する方法を理解する。

B健康・栄養問題の歴史的経緯、現在の問題点について理解を深めることができる。

授業の概要

「栄養士・健康アドバイザー資格取得のための必修科目」「介護職員初任者研修資格取得のたまの推奨科目」「社会

福祉主事任用資格取得のための選択科目」

 テキストを中心に講義をすすめ、その都度、質疑応答の時間をもうけていく。また、現在起こっている公衆栄養に

関するトピックに焦点をあて、その問題について考えていく。

授業内容

1.公衆栄養の概念     日本人の食事摂取基準

2.公衆栄養の概念     歴史       

3.公衆栄養マネジメント  公衆栄養活動の進め方

4.公衆栄養マネジメント  プログラム

5.栄養疫学        栄養疫学に必要な指標

6.栄養疫学        食習慣と健康

7.栄養疫学        栄養疫学調査

8.栄養疫学        食事調査 保健所栄養士 

9.わが国の健康・栄養問題の現状と課題

10.           食生活の変化

11.           食料需給と自給率

12.わが国の健康・栄養政策  法規

13.             健康日本21(第2次)

14.             特定健診・特定保健指導

15.諸学国の健康・栄養政策

筆記試験

授業時間外の学習

予習・復習を自発的に行なう。

オフィスアワー

第一会議室 16時30分以降18時まで 随時行う

評価方法・基準

筆記試験80% 平常点(授業への取り組み・積極性)20%を総合評価する。

S公衆栄養学で得た知識を実社会で活かす為の言動ができる

A基本的な用語を理解できる

B課題解決に向け最後まで粘り強く努力ができる

C教科書の内容について理解したいという意欲がある

テキスト

栄養科学シリーズNEXT公衆栄養学概論 講談社

参考資料

新カラーチャート食品成分表 教育図書

備考