授業科目名

栄養指導実習U

受講対象 授業形態 開講期 単位

食栄2 実習 半期 1

代表教員 共同担当教員

青柳 征子 助手 眞嶋さや

学修成果の到達目標

知識・技能

主体性・意欲

就業力・協働

到達目標

@対象者の状態に応じた目標を設定し、指導案を作成することができる。

A科学的根拠に基づいた情報を収集し、対象者に正しく伝えることができる。

B効果的な媒体を作成し、栄養教育に活用することができる。

C栄養教育を実践し、教育効果を評価し、フィードバックを行うことができる。

授業の概要

栄養指導実習Uは、栄養士資格を取得するための必須科目であり、「栄養の指導」に関する科目である。本実習で

は、栄養指導論T・Uで習得した知識・技術を基に、対象者の栄養アセスメントを行い、栄養教育の計画の立案・実

施・評価・フィードバックを行う。本実習は、1回の授業を2コマで実施する。

授業内容

1. オリエンテーション、栄養アセスメントの概要、パートナー決め

2. 栄養アセスメント@:身体状況のチェック

3. 栄養アセスメントA:生活時間調査の実施、身体活動量の算出

4. 栄養アセスメントB:24時間思い出し法による食事調査の実施

5. 栄養アセスメントC:秤量法による食事調査の実施

6. 食事調査結果の分析@:対象者に対するヒヤリングの実施

7. 食事調査結果の分析A:食事調査に基づく食事摂取量の算出

8. 食事調査結果の分析B:日本人の食事摂取基準の活用

9. 栄養教育の計画立案@:栄養ケアプロセスの活用、指導案の作成

10.栄養教育の計画立案A:科学的根拠に基づいた情報収集

11.栄養教育の計画立案B:栄養教育の媒体作成

12.栄養教育のロールプレイング(カウンセリング技法の活用)、評価、フィードバック



認定試験

授業時間外の学習

授業の予習(栄養指導論T・Uで学習した関連項目を教科書等で確認し、実習に備えること。)

レポート課題(各種調査票、指導案、指導媒体を必ず提出すること。)

オフィスアワー

授業前後に教室で受け付ける

評価方法・基準

授業への取り組み(40%)、レポート課題(40%)、認定試験(20%)を総合的に評価する。

S:専門分野で得た知識を実社会で活かすことができる

A:専門分野で得た知識を理解し、それを説明することができる

B:専門分野で得た知識を最後まで理解しようと努力することができる

C:専門分野で得た知識を最後まであきらめず、努力することができる

テキスト

「エキスパート管理栄養士養成シリーズ 栄養教育論」川田智恵子・村上淳 編 化学同人

参考資料

食品成分表2015年版(医歯薬出版)

備考