授業科目名

絵画T

受講対象 授業形態 開講期 単位

グラフィック2 演習 集中 2

代表教員 共同担当教員

日名子 金一郎

学修成果の到達目標

知識・技能

主体性・意欲

就業力・協働

到達目標

@絵画の表現や素材を理解する。

A油絵具の特性や技法を理解する。

B写実による油絵を制作する。

授業の概要

 造形表現の資質を育む科目

・「絵画」の概要を解説する。

・描画材料として広く用いられている油絵具の特性や技法を解説する。

・静物画2点(F10号、F20号)を制作させる。

・人物描写の基礎といえるクロッキーを制作させる。

授業内容

1 造形表現における絵画の概要

2 絵画の素材

3 油絵具の特性、顔料、溶き油

4 油絵具の用具、技法

5 油絵制作 静物画@ キャンバスF10号

6 油絵制作 スケッチブックへ下描きデッサン

7 油絵制作 キャンバス地塗り 本描きデッサン

8 油絵制作 本描きデッサン

9 油絵制作 着彩

10 油絵制作 着彩 以下、着彩 は 下ぬり 薄ぬり 厚ぬり

重ねぬり等を、何度も繰り返しながら絵をつくり出していく。

11 油絵制作 着彩

12 油絵制作 着彩

13 油絵制作 着彩 作品合評会

14 人物クロッキー

15 油絵制作 静物画A キャンバスF20号

16 油絵制作 スケッチブックへ下描きデッサン

17 油絵制作 キャンバス地塗り 本描きデッサン

18 油絵制作 本描きデッサン

19 油絵制作 本描きデッサン 着彩

20 油絵制作 着彩

21 油絵制作 着彩

22 油絵制作 着彩

23 油絵制作 着彩

24 中間合評会

25 油絵制作 着彩

26 油絵制作 着彩

27 油絵制作 着彩

28 油絵制作 着彩

29 作品合評会・講評

30 まとめ

授業時間外の学習

大分県立美術館、アートプラザ、別府市美術館等で美術作品に親しむ。

身近な器や文具等をスケッチしてみる。

オフィスアワー

授業の前後に受け付ける。

評価方法・基準

受講態度(50%)油絵作品(50%)を総合評価)  

S:到達目標に十分達しており、独自の工夫が見られる

A:到達目標に十分達している

B:到達目標に達している

C:到達目標に概ね達している

テキスト

油絵具一式、スケッチブック

参考資料

・プリント

・絵画作品集

備考